ニュース

お知らせ

【12/5更新】ChromeでのFlashの停止における対応につきまして

日付 :
2016/11/16(水)
カテゴリ :
重要
閲覧数 :
3357
こんにちは。
C9運営チームです。


Googleが「Chrome」ブラウザで、特定のサイトを除くすべてのウェブサイトを対象に、
Adobeの「Flash Player」のサポートを段階的に廃止する計画を公開しております。

その他声明内容はこちら

Googleによると、昨年から順次更新を重ね、11月下旬~12月下旬に更新されるバージョン55で
Flashコンテンツを再生しない初期設定となります。

Chrome上ではFlashが配置されたページへ初回訪問時に画面上部に再生機能を
有効化するかどうかの選択ボタンを表示し、利用者側の判断によって再生可能となると声明を出しております。
(弊社の検証におきましてはβ版のバージョン55においては、現時点では上記のような選択ボタンは表示されず、
Flashコンテンツは今まで通り動いていない為、実際のリリース版での挙動は不明です。)

また、Chromeの設定で「Flash Player」を有効にする方法もあり、
利用者側で設定を変更することも可能です。(設定方法はこちら

現在、C9メンバーサイトにてFlashコンテンツを利用している箇所は順次HTML5への移行を進めております。

弊社側での移行期間とChromeでのFlashコンテンツを再生しない時期が一時的に重なる期間がございます。

Chromeバージョン55に更新済のChromeで該当ページへ訪問した際に
ポップアップメッセージで「Internet Explorer」でのご利用を促します。
(※ポップアップには3日間表示させないオプションのチェックボックスを設けております。
 これはチェックをしてから3日間(72時間)となります。
 また、cookieで制御を行いますので、cookieを削除しますと3日間表示させない設定がリセットされます。)

ポップアップメッセージが表示された場合、お客様側ではお手数でございますが
「Internet Explorer」でのご利用をお願いいたします。


【12/5更新】
Chromeバージョン55、及び「Internet Explorer」において、
正常な動作を確認いたしました為、ポップアップの表示機能を削除しました。
Chromeをお使いの際に何かしらの不具合が発生した場合には、
連絡帳へお問い合わせの上、「Internet Explorer」の使用をお試しください。

「Internet Explorer」はWindows Vista、Windows 7、Windows 8.1の初期ブラウザとなり
Windows 10では以下の方法で起動します。

▼Windows 10でのInternet Explorer起動方法
 1.スタートメニューの「すべてのアプリ」をクリックします。
 2.「Windows アクセサリ」から「Internet Explorer」をクリックします。
 3.「Internet Explorer」はじめて起動すると「Internet Explorer 11 の設定」ウィンドウが表示されます。
 4.「お勧めのセキュリティと互換性の設定を使う」を選択し、「OK」をクリックします。
 5.Internet Explorerが起動します。


今後とも、C9をご愛顧下さいますようお願い致します。

C9運営チーム